妊娠中の妊婦のためのマタニティマッサージ無料体験エステ

妊娠中のマタニティマッサージは妊婦のための癒し
妊婦のための癒し

妊娠中の女性のために、アロママッサージをマタニティエステというスタイルで無料でご提供しています。妊婦のためのマタニティマッサージは、欧米などでは広く知られていますが、日本では妊婦であるとマッサージやエステのサロンでは施術を断られることが多いようです。でも、妊娠中は心と体のバランスが崩れがち。そういうときこそ癒しが必要です。

妊婦の女性の悩みとは、足のむくみ、腰の痛み、寝返りができなくて眠れない、体重の増加で体がしんどい・・・・。身体だけでなく、出産への不安やホルモンバランスの乱れで感情が安定しないといった心の不調もあります。産後の症状と言われていたマタニティブルーも妊娠中に経験する女性も増えています。心身の不調にお悩みの妊婦にはアロマテラピーによる癒しをお勧めしています。

アロマテラピーに関する十分な知識をもったセラピストが正しいトリートメント技術を用いて、健康な妊婦にアロママッサージを行うことは決して危険なことではありません。私たちのアロマテラピーサークルでは、マタニティマッサージを妊婦の方に無料でご体験いただいています。

マタニティマッサージの内容

マタニティマッサージの内容は、足と腰と背中を中心としたオイルマッサージとなります。
妊娠中の女性は、足のむくみと腰の痛みを訴える方が非常に多いので、その悩みを少しでも解消できるよう努力させていただきます。マタニティマッサージの間は仰向けか横向きとなっていただきます。背中を行う場合は、横向きになっていただきます。
時間はフルボディ90分が基本ですが、長く同じ姿勢を続けることがおつらい場合、短めにさせていただくこともあります。また、お腹が施術中に張ってくる妊婦の方もいらっしゃいますので、その場合はいったん休憩させていただくか、施術をそこで切り上げることになります。体調の変化は、ご遠慮なくセラピストにお伝えください。

妊娠中のマッサージの注意事項

妊娠中のマッサージのお申込みについて、いくつか注意事項があります。
マタニティマッサージの前に、お医者さんの了解をとっていただくことも大事です。通常のマッサージを受けていいかの確認と、施術を受ける際の注意事項があるか、お医者様に事前にご確認ください。
妊娠中ならいつでもアロママッサージがお受けできる、ということではありません。やはり安定期にはいってから、となります。妊娠4ヶ月(1~15週)までの妊娠初期の妊婦の方は特に注意が必要です。より安全な妊娠5ヶ月(16~27週)以降の妊娠中期、いわゆる安定期においてお受けいただくことをおススメしています。妊娠8ヶ月(28週)以降の妊娠後期は妊婦の方により状態が大きく異なるため、場合により十分な注意が必要となります。その点は、お医者様からも注意をお受けになるかと思います。妊娠初期や臨月においては、マタニティマッサージはお避けいただいています。

マタニティマッサージの効果

妊娠線の予防に、アロマオイルを用いたマタニティマッサージは大きな効果があり、口コミでも大人気です。
また妊娠中の女性の心身のバランスの維持にも、産後あるいは妊娠中のマタニティブルーの予防にも大きな効果があります。腰の痛みや足、脚のむくみ、といった悩みは妊娠以前でも経験する女性は多いのですが、妊娠中は、それらの痛みやむくみがさらに大きくなることもあります。妊娠中は筋肉が緊張することが多く、そのために冷え症が悪化する場合もあります。マタニティマッサージで定期的に体をケアすることで、つらい症状はかなり改善されます。体重の増加が気になる妊婦の方には、ストレスフルなダイエットの方法としてもおススメしています。ハーブの香りに包まれた、オールハンドのオイルトリートメントによる心と体に優しいダイエット方法です。

妊娠線の予防

妊娠線の予防にあたり、まずは妊娠線のできやすい妊婦のタイプを知っておくことが大事です。
「妊娠線、絶対にできたくない!」「妊娠線ができたら絶対消えないって本当ですか?」といった質問はプレママのみなさんからよく聞かれます。昔は妊娠線予防のクリームも一般的でなかったですし、妊娠線は母親になる勲章みたいに思われている方も多かったのです。今のプレママは美容意識も高く、より綺麗に妊娠。出産したいという切なる思いを感じます。
妊娠線とは急激に大きくなったお腹や太もも、乳房の真皮の伸びが追いついていけなくなっておきる皮下組織の断裂のことを総称して言います。では、妊娠線ができやすい妊婦さんってどういう体質か。以下にまとめてみました。

  • 皮膚の柔軟性が少ない、乾燥肌タイプ
  • 高齢妊娠の妊婦(35歳以上)
  • 体重増加が12kg以上の妊婦
  • 妊娠前は平均より痩せていた人
  • 冷え症体質
  • 多胎妊娠の妊婦

ストレッチマークトリートメント

オイルマッサージの方法の一つ、ストレッチマークトリートメントは妊娠線の予防に効果が認められます。
キャリアオイルには、肝臓肌の妊婦にはホホバオイル、高齢の妊婦で皮膚の柔軟性を高めたい場合はスイートアーモンドオイルやマカデミアンナッツオイルをおすすめします。妊娠して汗が多くでる妊婦や、夏場にはグレープシードオイルが良いでしょう。出産予定日が近づき、お腹が大きくなってくると下腹部が見えにくくなりますが、そこも忘れずにオイルトリートメントしましょう。
要は、妊娠線の予防において大事なのは、適度な運動により体重の増加を抑え(8kg以下の妊婦には妊娠線がほとんど生じません。)、ストレッチマークトリートメントで皮膚の保湿を保ち、皮膚の柔軟性・進展性を高めるということです。
妊娠線マッサージは羊水の量の増えてくる妊娠20週(6ヶ月)から行いましょう。24週で妊娠線がでる妊婦さんもいますので、その前から行うのがベターですね。20週から9ヶ月までは週に二~三回、9ヶ月になりお腹が目立つようになったら毎日がお勧めです。5分~10分程度で良いでしょう。

妊娠中の妊婦のためのマッサージやエステのおすすめサロン

妊娠中の妊婦の方はマッサージやエステを受けたくても断られることが多いようです。妊娠中のつらい体を少しでも楽にしたいと思っても、近所のサロンが利用できない、探しても妊婦のマッサージを受けてくれるサロンがなかなか見つからない、また、いわゆるマタニティエステやマタニティマッサージは通常のマッサージよりもお値段が高くなりがち。安い価格で手軽に利用できるプレママのためのマッサージのお店やエステサロンをご紹介します。

第一位 0円 マタニティマッサージ無料体験エステでのマッサージモデル、モニター

妊娠中の妊婦のためのアロマオイルマッサージの無料体験、お試し、マッサージモデル、モニターをお受けしています。0円なので格安や激安よりもお得です。妊娠中は香りに敏感になる妊婦の方もいらっしゃいますので、アロマオイルを使用しないオイルマッサージのコースもご用意しています。
電話045(328)3168 24時間・深夜早朝営業 アロママッサージ無料体験エステ

 

第二位 3780円 マタニティ アロマオイルマッサージ30分

  • アイム 妊婦さんのためのマタニティマッサージ
  • 住所:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階、東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
  • アクセス:御茶ノ水駅、神保町駅、小川町駅、淡路町駅、新御茶ノ水駅、竹橋駅、吉祥寺駅
  • 営業時間: 火~金10:30-20:00、土日・祝祭10:00-19:00

国家資格を取得した女性鍼灸師による妊婦さんのためのマッサージコースです。オーガニックオイルをたっぷりと使用し、深いリラクゼーションや美容効果、東洋医学の治療効果を同時に体感していただけます。出典:http://www.salon-im.com/massage/03/our/index.html

 

第三位 4500円 妊婦に安全なマッサージ『マタニティ指圧』40分

  • 銀座と川口で36年の信頼と実績YOUR指圧センター
  • 銀座店:東京都中央区銀座3-10-7 銀座京屋ビル8F
  • 川口店:埼玉県川口市本町4-5-8-104 川口ハウス1F
  • 営業時間:10時~21時(川口は朝9時~)
  • 特徴:マタニティ指圧/スポーツ指圧/産後ケア/ビューティ指圧

マタニティ指圧が誕生した36年前…その当時は、妊婦を受ける指圧やマッサージ店はありませんでした。当院に通っている妊婦さんの状態に合わせた施術を行った結果、妊娠中のつらい症状(背中の痛み・腰の痛み・肩こり・足のむくみ・便秘・頭痛・イライラ・つわりなど)が緩和され、陣痛が始まってからの出産時間が短く、安産だったことが多数報告されるようになりました。 以後、現在では12万人以上の妊婦さんへマタニティ指圧治療を行ってきました。 出典:http://www.y-shiatsu.com/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%84%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8/

 

第四位 12600円 マタニティベーシックボディ70分 + 膝下美人20分

マタニティベーシックボディはセルフケア用ブレンドアロマオイルの毎回プチギフト付きのコースです。ボディケアは首肩こり、腰痛、背中痛、など妊娠中に特に不調を感じる部位を中心に背面中心の経絡アロマリンパトリートメントで歪んだ骨盤バランスを整え調整、頭蓋骨調整も行います。人気のオプション、膝から下のむくみ、セルライトケアで膝下軽々ほっそり、お肌しっとりもちもちの「膝下美人」がセットになったコース。出典:http://www.cozy-scents.com/maternity/

 

第五位 14500円 アロママッサージ70分

アロマセラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を用いた自然療法です。芳香療法ともいわれ、香りに包まれてお受けいただくマッサージは、嗅覚から脳への刺激と直接肌に触れることによる心地よい刺激によって、自律神経を調え、心身共に深いリラクゼーションへと導いていきます。出典:http://www.tenshinotamago.com/index.html

 


妊婦にアロマオイルは危険??

妊婦に精油は危険なのか安全なのか、という点については2つの真逆の見解が存在します。

  1. 【使用原則禁止】精油には乳幼児や妊婦に危険な成分が含まれているものも多く、使用を避けるのが原則。
  2. 【使用原則容認】一般に販売されている精油であれば、芳香浴や用量を守っての肌への使用であれば問題はない。

ネットで情報を探しても、精油を使ってよいとするサイトと使ってはダメだとするサイトが両方見つかります。どちらかというと、使ってはダメだとするサイトのほうが多いような気がします。なぜ、こんなに考えがはっきりと分かれるのか、というのは精油については医学的(臨床学的)なエビデンスがあまり存在していないからです。断片での情報、つまりある特定の精油には、妊婦や乳幼児になんらかの影響をもたらす成分が含有されているという情報だけで判断することから問題が生じています。自然界に存在する様々な物質は人体に様々な影響をもたらします。その際に使用を避けるかどうかの判断は、どれくらいの量をどれくらいの期間に摂取するとどの程度の影響がでるのか、それが容認できる範囲か、避けるべき範囲なのかの科学的なデータをもとに行われるべきものです。ところが、アロマテラピーで使用される精油については、そういう科学的なデータが圧倒的に不足しており、ただ単に含有されている成分のみで判断する傾向があるために、精油は妊婦に危険である、という考えが広まっているわけです。科学的に言えば、以下のような発言になるでしょう。

  • 多くの精油は、アロマテラピーにおける標準的な知識をもとに適度に楽しむ程度なら、妊婦への使用が有害であるとは言えない。

法学的に言えば、「精油は推定無罪である」という言い方になるでしょうか。なお、アロマテラピーにおける標準的な知識とは、例えば、「精油は飲用しない」「精油は原液使用しない」といったことを含みます。

以上が科学的な立場にたった場合の見地ですが、混乱の原因が他に2つあります。

  1. アロマテラピーの源流である植物療法は近代医学が成立する以前の伝統医療のひとつであった。つまり、科学とは異なった視点で判断が行われる傾向がある。
  2. アロマセラピストが精油の危険性を誇張する傾向があること。

伝統医療のすべてを科学的でないという観点で否定する立場を私たちはとりません。私たちのサークルでは、科学的(臨床学的)な立場で判断していきますが、お客様が伝統医療の考えをお持ちの方でしたら、その考えに沿ってアロマテラピーを行うようにしています。3大伝統医学と言われる、中医学・アーユルヴェーダ・ユナニ医学の他にも、南アフリカのサンゴマという祈祷師による呪術医療、チベット医学や少数民族のシャーマニズム社会における呪術医療など、世界には様々な伝統医療が存在します。日本においても、呪術や占星術をはじめとする占いとアロマテラピーの融合を求めるアロマセラピストも存在します。アロマテラピーが様々な考えとつながっていくというのは、アロマテラピーの医療やリラクゼーションの世界を超えた歴史的な奥行きの深さを示すものであり、それはアロマテラピーの可能性を広げていくものです。わたしたちのサークルでは決して伝統医学を一様に否定するという立場は決してとりません。その一方で、我々のアロマテラピーの立ち位置は何かと聞かれれば、科学的な考えに沿ったリラクゼーションである、とお答えするようにしています。妊娠中の妊婦の方へのアロマオイルの使用についても同様の立場に立つものです。

私たちのサークルでは、多数派である「精油は妊婦に原則禁止」という考えにそってアロマテラピーを行います。精油の妊婦に危険性について、2つの考えをお伝えしたうえで、私たちの本来の立場とは異なりますが、多くの方が信じているものは尊重する、ということです。もし、精油を使用したい、という妊婦の方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。精油を使用した安全なアロマテラピーをご提案させていただきます。

妊娠中の妊婦は使用を避けたほうが良いとされる精油

バジルなどの肌刺激が強いものは妊娠中かどうかに限らず、使用に注意が必要ですしず
バジルは肌刺激が強いので妊婦に限らず使用には注意が必要です

多くのアロマテラピーのサイトや書籍において、以下の成分を含むアロマオイルは妊娠初期からの妊産婦や乳幼児には使用を避けたほうが良いといわれます。通経作用、ホルモン作用および子宮収縮作用、子宮強壮作用があるとされます。
必ずしも科学的な事実であるとは言いきれませんが、多くのアロマセラピストの標準的な考えとして参考までに記載しておきます。なお、例えば一概にケトン類といっても、そこに属する物質は様々ですのでご注意ください。

  • セスキテルペンアルコール類
  • ジテルペンアルコール類
  • ケトン類
  • 酸化物(オキサイド)類
  • ラクトン類

上記の成分を含むア代表的なアロマオイルを列挙すると以下のとおりです。妊娠初期からの妊産婦や乳幼児への使用を避けたほうが良いとされる精油となります。

  • アンジェリカ
  • アニス
  • イランイラン
  • オレガノ
  • クラリセージ
  • クローブ
  • カンファー
  • キャロットシード
  • クローブ
  • サイプレス
  • シダーウッド・ヴァージニア
  • シナモン、シナモンリーフ
  • ジャーマン・カモミール
  • ジャスミン
  • ジュニパー
  • スパイクラベンダー
  • セージ
  • ゼラニウム
  • タイム・チモール
  • タラゴン
  • バジル
  • パルマローザ
  • ヒノキ
  • フェンネル
  • ペパーミント
  • マージョラム
  • ミルラ
  • メリッサ
  • ラベンダースーパー
  • レモングラス
  • レモンユーカリ
  • ユーカリ・グロブルウス、ラジアータ
  • ローズ・アブソリュート、ローズオットー
  • ローズマリー
  • ローマン・カモミール
広告

妊娠中の妊婦のためのマタニティマッサージ無料体験エステ」への38件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中