男性アロマセラピスト

男性アロマセラピストによるアロママッサージを無料体験できる女性専用エステ
男性アロマセラピストによる女性専用アロママッサージ無料体験エステ

男性アロマセラピストによる女性専用アロママッサージの無料体験は24時間、深夜早朝も営業しています。お問合せは下記のお電話までお願いいたします。

045(328)3168

ICK44663@nifty.com

男性アロマセラピストは欧米では一般的ですが、日本では男性の施術者といえば長く鍼灸や按摩マッサージ、整体の分野に限られていました。一方、アロマテラピートオイルトリートメントが最初に日本に導入されたのはエステにおける美容メニューの一つとしてでした。そのため、アロママッサージの施術者は女性エステシャン、一方で男性施術者は鍼灸・按摩マッサージに従事するという区分が明確に存在していました。しかし、近年、鍼灸のような医業類似行為といわれるものと、エステのような美容業との間に、リラクゼーションマッサージという新しい業態が生まれ、エステ業界からも医業類似行為の業界からも参入があいつぐようになりました。このリラクゼーション業界においては、男性施術者も女性施術者も存在し、ここにおいて男性アロマセラピストが一般化する下地ができたといえます。

下地ができたとはいえ、需要がなければ男性アロマセラピストが現状のように一般化することはありませんでした。ではなぜ、男性アロマセラピストによるアロママッサージは女性に人気があるのでしょうか? それにはちゃんとした解剖学的な、医学的な3つの理由があります。

  1. 男性の手は女性に比べて大きい
  2. 男性の手は暖かい
  3. 異性によるマッサージにより女性ホルモンの分泌が活発になる。

男性の手は女性に比べて大きい

男性の手は暖かく大きいのです。
男性アロマセラピストの大きな、暖かい手は癒しに誘います。

男性の手は女性に比べて大きい、というのは納得ですね。でも、ちょっと待って!それって体が大きいから、手も大きいということでしょ?だったら、男性セラピストを選ぶ、というよりもセラピストは体の大きさで選べばいいんじゃない?・・・という声も聞こえてきそう。でも、違うんです。ある統計データによると同じ身長で比較しても、男性のほうが女性よりも手の幅と長さが1、2センチは大きいとか。だから、男性アロマセラピストによるアロママッサージは、大きな手で包み込まれている感じがあるのですね。

大きな手はリンパをしっかり掴み流すことができます

デトックスで人気のアロマリンパマッサージでは、体中に網の目のように広がるリンパをしっかり掴み、流すことが大事です。男性アロマセラピストの大きな手は、その際に大きな効果を発揮します。

アロマリンパマッサージではエルフラージュという手技がよく用いられます。エルフラージュとは、「軽擦法」とも呼ばれ、手のひら全体を使い、血液やリンパの経路にそって、クライアントの皮膚をやさしくなで擦るテクニックです。静脈やリンパ液の循環を良くし、新陳代謝を促進させるため、デトックスに大きな効果があります。このエルフラージュで大事なことは、手のひら全体をクライアントの体にしっかり密着させ、クライアントの肌のできるだけ広い面積を抑えるようにすることです。このエルフフラージュにまさに向いているのが男性アロマセラピストの大きな手なのです。


男性の手は暖かい

男性アロマセラピストによるアロマオイルマッサージは女子力をアップさせます!
男性アロマセラピストによるアロマオイルマッサージは女子力をアップさせます!

男性の手は暖かいというのも、きちんとしたデータと理由があります。筋肉には発熱効果があり、脂肪には断熱効果があります。体脂肪率には男女の違いがあり、日本人の平均では、女性が20~25%、男性が15~20%と言われます。女性のほうが男性に比べて脂肪が多いため、触ったときに手や足は冷たく感じます。筋肉量についても男女の違いがあり、女性の筋肉量は男性の7割といわれます。男性は筋肉が多いため、発熱効果により手が暖かく感じるのです。

冷え性の改善には暖かい手が効果的です

多くの女性の悩みである手足の冷え症は、男性アロマセラピストの暖かい手でしっかり解されることで、心地よく改善されていきます。その際に、ジンジャーやブラックペッパーといった体を温める効用のある精油を用いると、冷え性の改善効果はさらに高まります。


女性ホルモンの分泌が活発になる

男性アロマセラピストによるアロママッサージは女性ホルモンの分泌を促進します
男性アロマセラピストによるアロママッサージは女性ホルモンの分泌を促進します

男性によるマッサージにより女性ホルモンの分泌が活発になる、というのもなんとなくうなずけます。女性ホルモンにはいくつも種類がありますが。 美人ホルモンと呼ばれる卵巣から分泌されるエストロゲンがもっとも女性を美しくするといわれます。エストロゲンの分泌を活発にする方法を3つお教えしますね。

  1. 恋をする
  2. 満ち足りたセックスをする
  3. 体を温める

恋をするドキドキ感がエストロゲンの分泌を促します。また、セックスで得ることのできる満ち足りた感情はエストロゲンの生成を活発にします。でも、これらは、ほんとうにセックスしなくても、ほんとうに恋をしなくても、疑似で大丈夫です。誤解を生じるとたいへんなので、ここは繰り返しておきますね。ドキドキすることと、セックスで得られるような幸福感を疑似的に感じることができればよいのです。恋をするときに感じるドキドキ感とセックスで得られる満ち足りた気持ちを男性アロマセラピストによるアロママッサージで体験することで、セックスや恋愛と同じ効果を得ることができます。

別にエロいマッサージではなくても、男性の手で体を触られている、というのはちょっとドキドキします。そのドキドキ感と香りに包まれたオイルマッサージで得られる癒しが女性ホルモンの分泌を活発にするということです。女子力アップには男性アロマセラピストによるマッサージ、ということですね。

男性アロマセラピストによるアロマオイルマッサージに人気があるのには、きちんとした理由があったんですね。まだ体験されていない女性は、ぜひ一度、お試しくださいませ。


男性アロマセラピストによる癒しのコースメニュー

男性アロマセラピストによる癒しのコースはリンパマッサージやアロママッサージなどいろいろ。
精油の香りと男性アロマセラピストの暖かい大きな手で癒しのひと時を。

男性施術者による癒しのコースは精油を使ったオイルマッサージがベースとなります。男性だから、ということで何か特別なコースがあるのではなく、女性アロマセラピストのサービス内容と同じとなります。

つまり、女性が普段にエステでお受けになっている美容や癒しのコースはほぼすべて体験いただけます。リンパドレナージュやアロマオイルマッサージ、就活エステ、マタニティマッサージ、ブライダルエステ等々、メニューはたいへん幅広く対応しております。

アロマオイルマッサージ
エッセンシャルを使ったアロマオイルマッサージがすべてのコースのベースとなります。リラクゼーションを求める女性に、お好きなアロマオイルの香りに包まれたオイルマッサージはとても人気があります。ダイエットやむくみの解消、肩こりや腰の痛みの改善といった特定の目的がある場合はリンパドレナージュをおすすめしています。
マタニティマッサージ
妊娠中の妊婦のためのマタニティエステです。マッサージオイルには精油を加えず、香りは芳香浴として楽しんでいただくスタイルが基本です。妊娠初期と妊娠後期はお受けするのが難しい場合もありますので、ご相談ください。
リンパドレナージュ
リンパマッサージともいい、リンパの流れを改善するマッサージです。デトックスを目的とし、むくみの解消・改善に大きな効果があります。少し古いエステではゴリゴリと痛みを伴う手技を用いるのがリンパマッサージと称していますが、医学的には意味のない手技です。大きな手で包み込むようにリンパを流していく、というのが本来のリンパマッサージです。⇒「リンパマッサージ無料体験エステでデトックス」を読む

ラブマッサージ
女性ホルモンの分泌を活発にするために、ぜラニウムやローズといったフローラル系の精油を贅沢に使用した女子力をアップするアロママッサージです。男性施術者の大きな手で全身を丁寧にマッサージされることで、女性ホルモンの分泌は一層、活発となります。イケない、不感症気味であるといったお悩みをお持ちの女性にも、不感症の治療としておすすめしています。女性用風俗での性感マッサージとは異なります。⇒「女性の心の渇きを癒すラブマッサージ 」を読む

 

 


男性アロマセラピストについての雑学的情報

男性アロマセラピストについての、別に知らなくても困らない、でも興味がある方には少しおもしろいかも、といういわゆる雑学的な情報を集めてみました。商談の際のアイスブレイクの話題にも、女子会での話題にも、ランチでの会話にも一切使えなさそうな情報です。トリビアとまではいかないのですが、知らない人も結構いそうな知識なので、読まれた後には「ふ~ん、そうなの・・」程度の気持ちを得ることができるかもしれません。

メンズセラピストあるいはメンズアロマセラピストとは?言葉の意味

男性のアロマセラピストのことを本サイトでは「男性アロマセラピスト」という言葉で表現しています。英語では male aromatherapist となります。ちなみに、女性セラピストはfemale aromatherapist です。英語を母国語とする人々が、male therapist, female therapist といった言葉をどういった場合に使うのか、参考となるサイトをご紹介しておきます。
Choosing a Male Or Female Therapist
心理療法士を選ぶ際に参考とすべき男性セラピストの利点を説明しています。アロマセラピストについてではありせんが、どのような文脈において男性セラピストという言葉が用いられるかの参考となります。

メンズアロマセラピストまたはメンズセラピストという言葉が男性アロマセラピストを意味するものとして使われるようになってきているようです。一種の和製英語ですね。もともと、men’s(メンズ)とは「男性用の」「男性のための」という意味です。つまり、メンズセラピストとは、本来、男性のためのセラピスト、男性を主なクライアントとする施術者という意味になります。男性アロマセラピストという本来の意味とは大きく異なりますね。英語を母国語とする人に、メンズセラピストというとたいへんな誤解を生む場合もありますから、この言葉を使うのは和製英語が理解される日本語圏だけにとどめておいたほうが良いです。なお、欧米には、言葉の正しい意味でのメンズセラピストもいます。主にゲイ向けのマッサージを行う施術者です。

men’s therapist という言葉が英語ではどのような使い方をされるか、二つサイトをご紹介しておきます。

Phil Tyson Ph.D. – Mens Therapist – Counsellor in Longsight, Manchester (UK)

Set-Up in 1996, Phil Tyson Ph. D. – Men’s Therapist has many years experience in the counselling and psychotherapy sector, and specialises on providing cognitive behavioural therapy, counselling and psychotherapy to male clients throughout the local area. The service is based in Longsight (Manchester).

男性のクライアントの治療を専門とする心理療法士(セラピスト)紹介のページです。写真から男性セラピストであるのは明らかですがそれでもなおメンズセラピストという言葉を使っているのは、男性のクライエントのためのセラピストであるからです。

もうひとつご紹介するのは日本のメンズセラピストのアロマテラピーサロンのサイトです。

横浜、表参道にあるメンズセラピストによるアロマテラピーサロン
横浜、表参道にあるメンズセラピストによるアロマテラピーサロン

SHAMBALLA MASSAGE TOKYO aromatherapy body massage by Men’s therapist
メンズセラピストが男性の顧客にアロマテラピーマッサージを施術する写真が紹介されているので、メンズセラピストの意味がよく理解できます。メンズセラピストの正しい使い方です。とはいえ、こちらのサロンでは女性も男性もお受けしているようです。サイトの作りもセンスがありますし、英語もちゃんと理解されているし、知的レベルの高さが伺えますね。

男を香らせるメンズアロマテラピー

アロマテラピーは従来、女性を主な顧客としてきました。最近では、男性も顧客としようというマーケティングを積極的に展開しているアロマテラピーブランドもあり、メンズアロマという言葉も結構、聞かれるようになりました。たとえば、「生活の木」では、メンズアロマ(男性のためのアロマテラピー)製品を積極的に展開しています。ここでのメンズは、。正しく、男性のため、という意味で使われています。こちらは英語としては、あり、ですね。メンズファッション、メンズエステ、メンズコスメと同じような使い方になります。


男性アロマセラピストによるアロママッサージと女性用風俗

男性が女性にオイルマッサージを行うなかで風俗的な傾向が生じる場合があります。女性の性的なニーズに応えるために、女性用風俗という特殊な業態も見受けられるようになりました。ここでは、男性アロマセラピストと女性用風俗について、少しご説明しておきます。

マッサージは肉体的なサービスであるため男性が利用する風俗(ここではそれを男性用風俗、とします)では、主たるサービスのひとつとして成立しています。しかしながら、男性用風俗におけるマッサージは、心の癒しや体の治癒とは程遠いものであり、直接的な性的刺激がその目的です。アロマテラピーの世界に長く身をおく私たちの経験から言えば、男性を顧客とする女性アロマセラピストは、経験を積めば積むほど技術面で「荒れる」、女性顧客を満足させることが難しくなるようです。もちろん、例外も多くあることは事実ですが、男性の欲望に安易に応えるスタイルをとるようになると、スキルは低下する傾向にあります。アロママッサージとはエッセンシャルオイルの自然の力で顧客を満足させることが目的ですが、それには高度な知識と技術が必要となります。その知識と技術の代わりに、女性の魅力で安易に男性顧客を満足させるようになれば、スキルが低下するのは当然のことですね。

男性アロマセラピストが女性用風俗としてアロママッサージをとらえると同じことが起きることになります。性的なサービスを女性に提供することを前面に出すと、アロママッサージとして成立させるのは難しいでしょう。あくまでアロママッサージで女性を癒す、そのなかで性的な満足という効果も生じる、というのが正しいあり方だと私たちは考えます。オルガスムスを得たい、不感症を改善したい、そういった様々な性の悩みに応える力がエッセンシャルオイルにはあります。その力を引き出すメソドロジーとしてのアロマテラピーが結果として女性用風俗となる、ということでしょう。

ちなみに、欧米のアロマテラピーの真面目なテキストには、エロティックアロマという一章が設けられていることがあります。アロマテラピーが人間の癒しに役立てるものである以上、セックスの問題も避けて通れないからです。ただ、あくまでアロマテラピーの様々な姿の一面である、という認識は大事です。セックスの問題は忘れない、でもセックスに囚われない、という冷静なスタンスが男性アロマセラピストには求められると言えます。

女性用ソープランド

女性用風俗のお話しをしましたので、ついでながら、その様々な形態についても言及しておきます。30年ほど前のこと、女性用風俗としての女性用ソープランドが博多でほんの短い期間、営業していたことがありました。物珍しさからマスコミにもたびたび取り上げられたようですが、話題性とは裏腹に、一年もしないうちに閉店となっています。飛行機でわざわざ博多まで飛んでくる女性顧客もいたということですが、逆に顧客のその熱心さが、ビジネスとして成立させるにあたっての難しさとなったのです。単に性的な欲求を満たすだけの顧客であれば、おそらく男性従業員も対処できたのでしょうが、それ以上の精神的な満足を求める顧客も多いことから、一言で言って、しんどい、割に合わない、となったといいます。恋愛とビジネスの区別が女性用ソープランドでは難しくなり、運営がうまくいかなくなったのが閉店の事情と言われています。

ホストクラブ

もっとも定着した女性用風俗といえば、ホストクラブでしょう。ダンスクラブがその起源ともいわれます。男女ペアで踊る社交ダンスから、酒席の接待に変わっていったのがホストクラブのごく初期の姿です。ただし定着しているとはいっても、普通に女性が利用するにはハードルが高く、女性風俗嬢が主たる顧客であると言われます。なお、男性のためのクラブやバーと同様に、枕営業という禁じ手といえる営業スタイルも一部では存在するともいわれ、それが次にご説明する出張ホストにつながっていきます。

出張ホスト

ホストクラブが店舗型のサービスであるに対して、出張ホストは無店舗型の出張サービスとなります。ただし、その内容はホストクラブのサービスというより、男性向けのデリヘルやホテトルに近いものと言われます。多くの出張ホストがメインのサービスを女性用の性感マッサージとしています。それに付随しての食事や旅行といったサービスも提供しています。金額はかなり高額ですが、出会い系のノリで、無料や低価格で出張ホストを行っている男性もいるようです。枕営業の延長で、ホストが出張ホストを始める、というケースも少なからずあるようです。(伝聞口調で申し上げるのは、実態が極めてつかみにくい世界であるからです。)



ここまでは男性アロマセラピストによるアロママッサージの情報をご紹介しました。



広告

男性アロマセラピスト」への37件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中